ハロウィン」カテゴリーアーカイブ

ディズニーハロウィン2018の楽しみ方と仮装ルールや注意点、入場規制や乗り物は空いてる?

ディズニーハロウィン仮装を楽しむための4つルール

ディズニーキャラクターに仮装しましょう!

①ディズニー映画や番組(実写を含む)、ゲームに登場するディズニーキャラクター
※マーベル社のキャラクターはNG(スパイダーマンやスーパーマンなど)です。
対象キャラクターについてはディズニー公式サイトをご参照下さい。

②東京ディズニーランド、東京ディズニーシーに登場するディズニーキャラクター(アトラクションに登場するキャラクターもOKです)

③東京ディズニーランド、東京ディズニーシーのパレードやショーなどのエンターテイメントプログラム出演するダンサーや出演者(過去実施分もOKです)
※東京ディズニーリゾートのキャスト(コスチューム)はNGです。子どもは仮装可です。

過度なメイクや危険なアイテムはNGです

お面やゴムマスク、自分の肌と違う色で顔を塗る、血や傷跡を描くなどの仮装メイク、特殊なシールで顔が分からなくなる仮装はしないで下さい。
今年の春の映画リメンバー・ミーのキャラクターに仮装する時は注意が必要です。
他にもパイレーツオブカリビアンなどの海賊の仮装をする場合、ヒゲをつけたりナイフやモデルガンもNG。マレフィセントなどがもってる棒や長杖は手荷物に入る大きさ(幅60㎝×高さ50㎝×奥行き25㎝のバッグなど)となっているため、注意が必要です。

露出が多い服装や全身タイツなどNGです

プリンセスの衣装では丈の長過ぎるものもNGです。ジャスミンやアリエルの場合は、ヘソ出しもNGなのでインナーなどを着たりと注意が必要です。
もちろん水着、下着、全身タイツもNGです。全身タイツにミッキーのズボン型トランクスを着用するといったこともNGです。

みんなでルールを守りましょう

①東京ディズニーリゾートでは着替えスペースを設けてありますが、着替えスペースならびにお荷物のお預け入れなどには長時間待つ可能性があるため、出来るだけ自宅や宿泊先のホテルで着替えやメイクをしてから入園しましょう。

②公共の施設やパーク内外のレストルーム、コインロッカーなどを使用しての着替えやメイクは他のゲストにも迷惑がかかるためやめましょう。

③通行の妨げになる団体行動や場所の占拠はやめましょう。

④他のゲストを撮影する際は、相手の了解を得た上で行いましょう。勝手に撮ると盗撮となるので、必ず声をかけましょう。また、他のゲストが写りこむこともありますので、周りに配慮してから撮影するようにしてください。

ルールを守って楽しいハロウィン仮装をして下さいね!

ディズニーハロウィンの3つの注意点

入場規制

今年も仮装期間が全日程ということもあり、この期間に合わせて仕事の休みを取るといった人も出るぐらいのディズニー屈指の人気のイベントです。平日でも普段と違い、どこも混む可能性があります。

今年は9月に2回、10月に1回3連休が3回もあります。運動会も重なるため、少しは分散されるかもしれないですが、ハロウィンの3連休は毎回入場制限がかかる、もしくは入場制限並みの人の混雑になります。

オープン券では入場制限がかかった場合は入園することが出来ません。せっかくの連休で地方から来たのに入園出来なければ意味がありません。
来園する日が決まっているのであれば、
・事前に日付指定券を購入する
・入場確約がついたホテルなどでチケッ トを購入する
のが良いでしょう。

入場規制はディズニー公式サイトの『当日のパーク情報』から確認することができます。

食事やトイレ

上記でも述べたように人が多く集まるディズニーハロウィン。そのため、食事やトイレは早めにするようにしましょう。

トイレは事前に調べておいたり、パークにあるマップで確認しておくことも手です。
食事はピーク時を避ける、プライオリティシーティングを利用しレストランを予約する、パークを出てイクスピアリのレストランやフードコートを利用しましょう。
プライオリティシーティングは公式サイトにて予約ができます。

最近ではどのディズニーのお得情報でも早めの行動を!となっていますが、今年は35周年のイベントをしていることもあり、ショーやパレードを見たいと思っている人もたくさんいます。ショーやパレードに興味がない人はその時間を狙って食事をしたら良いと思います。ショーやパレードが終わった瞬間に人がどっとレストランに押し寄せるので、注意が必要です。

仮装している方は食事、トイレ同様、場所によっては狭いところもあります。衣装が引っかかり破れたり、通れなかったりする場合があるので、大き過ぎないものを作成し、取り外し可能なものは取り外しましょう。

※公式サイトより、ディズニーアンバサダーホテル内の「シェフミッキー」(シェフの格好をしたミッキーたちとグリーティングが出来るレストラン)では裾を引きずる長さの衣裳や装飾を身につけたままでの利用は出来ません。
仮装をして前後左右の幅が80cm以上となるもの
となっています。

暑さ対策(汗対策)・寒さ対策

ディズニーハロウィンは9月、10月と季節の変わり目で少しずつ秋に向かっていきます。
そのため、9月は暑い、10月は寒いということが多々あります。特に9月のシルバーウィークあたりだと昼間は暑い、夜は肌寒いといったこともあるので、朝晩でも着るもので調節が必要となってきます。

暑さ対策・汗対策

9月はまだまだ暑い日が多く、汗をかきます。パークでも半袖Tシャツを売っていますが、汗をかいたらインナーを替えたり、上着を替えるようにしましょう。そのままでいると夜になると急に冷え込むこともあるので、せっかくの楽しい旅で風邪を引いたり、体調を崩しては大変です。
他にも汗拭きシート、ミニ扇風機もあったら良いと思います。
ミニ扇風機は今年の夏のイベントで持ってる人が多数見受けられました。

仮装する方も衣装によっては大量の汗をかく場合があります。
脇や背中に汗が目立ってしまうこともあります。そうなるとせっかくの素敵な衣装が台無しです。既製品の衣装は、簡易な作りが多いので、裏地が無いものもあります。
対策として、脇汗パットを貼ったり、インナーを着たりしましょう。

寒さ対策

上記にも述べましたが、9月の夜や10月になるとグッと気温が下がります。
薄手の羽織るものや薄手の七分袖、長袖を着ていくことをオススメします。
パークには羽織りのパーカーも売っているため、ご家族や友だち同士で購入する方もいます。
季節的にカイロまでは必要ないかとは思いますが、パークは海の近くのため(特にシー)海風を感じ寒いこともあるかと思います。その場合、パークのショップで使い捨てカイロを購入することもできます。店頭に出ていなくてもキャストに伝えると出してきてくれます。取り扱っていないショップもあるかもしれないので、詳しくはキャストの方に確認して下さい。

仮装をしている方は、上着を羽織ってしまうとそのキャラクターに合わないなどと思い、我慢する方もいます。我慢せずに羽織りものではなく、インナーで調節しましょう。
特にプリンセスの仮装をする方はキャラクターの雰囲気もあるかと思うので、そのキャラクターに合った防寒着を前もって準備しておくことも必要かと思います。
よくお子さんがプリンセスの格好をしているのをパークで見ますが、中に着込んだり、羽織りもので調節しているのを見ます。お子さんでも仮装する場合はお子さんにも気にかけてあげて下さい。

ディズニーハロウィンは乗り物は空いてる?

アトラクションは仮装をしていてもいつものように、乗り物に乗ることができます。
ただし、被り物、付けている物、アトラクションからはみ出す物などは注意して下さい。
キャストから指示があると思われるので指示に従い、アトラクションを楽しんで下さいね。

仮装をしている人もいるため、平日でも混んでいることがあります。仮装している人は写真に徹するもしくはパークも楽しむの2パターンに分かれます。公式サイトでアトラクションの待ち時間を確認し、ファストパスを取るかスタンバイで並ぶかを決めるとスムーズにパークを楽しむことができます。

ランドでは3大マウンテン、シーではダントツでトイ・ストーリー・マニア!が人気です。
その他にもランドでは今年リニューアルされたイッツ・ア・スモールワールド、ハロウィンとクリスマス、年始までの期間限定でホーンテッドマンション ホリデーナイトメアが人気です。

イッツ・ア・スモールワールドはファストパスを発券することが出来ますが、日によって、発券開始時間が違うので、近くのキャストの方に聞いて下さい。発券場所はプーさんとハニーハントのファストパス発券場所の隣にあります。そのため、発券する際は注意しましょう。

ホーンテッドマンション ホリデーナイトメアは映画『ティム・バートンのナイトメアー・ビフォア・クリスマス』をモチーフにしたプログラムに変更になっています。普段のホーンテッドマンションでは、子どもが怖くて乗れないというご家族連れも殺到するため、待ち時間が長くなります。比較的朝一もしくは夕方〜夜が待ち時間が短いです。朝一で並べず他のファストパスを取っていたため、ホーンテッドマンションのファストパスを取れなかった!という人は夕方〜夜になってからスタンバイで並んだ方が少ない待ち時間で楽しめます。

シーではトイ・ストーリー・マニアやタワー・オブ・テラーがあるアメリカンウォーターフロントに人が集まります。逆にロストリバーデルタやアラビアンコーストの奥地は比較的空いていることがあるので、人気のアトラクションのファストパス発券後、朝一や夕方〜夜に奥地のアトラクションを楽しむことをオススメします。